鍼灸治療で保険を使った治療をするには

 

・神経痛(坐骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛、その他神経痛など)

・リウマチ(関節リウマチなど)

・腰痛症(腰の痛み、ぎっくり腰など)

・五十肩(いわゆる五十肩、四十肩の症状と同じもの)

・頸肩腕症候群(首から肩にかけた疾患、首の痛みなど)

・頚椎捻挫後遺症(ムチウチなどの後遺症)

その他、医師の同意書があれば保険を適応して治療ができます。

 

出張料も歩行困難が認められれば、保険での取り扱いが可能になります。